今年も残りわずか!恋愛運、仕事運をあげるには!?

テレビ番組も特集やクリスマスやおせちのCMを目にすることが多くなるこの時期今年も残りわずかだな・・・となんだか一年が終わって行くと言うことに寂しい気持ちになる人も多いのではないでしょうか?
なぜかこの時期になると占いなどにはまる人が多くなり、残り少ない今年で何ができるのか?やりべきことは?・・来年の運勢は?と気になるもので、やり残した大事なことを今やって来年につなげたい人や、今年中に片づけたかったことがある人は特に占いを参考に無事に良い年を迎えたいものです。
実は、この時期の占いは特に重要だと言われていて、年末の運勢が来年にそのままつながることが多いようなのです!もし、今仕事運が上がっているとは来年もそのまま良い調子をキープし、さらにステップアップする可能性が高く、恋愛運が上がっている人は来年はもっと発展が望め、結婚まであっという間に進んでしまうことも多いようなのです。
逆に今の運勢があまり良くない人は何か運気を上げる方法を知ることで、来年の運気が下がらないように事前に対象ができると言うことなのです!ですから、今の時期自分の運勢を知っておくことはとっても大切なことなんですね。
ここで何かを感じとることができ事前に予防や対処ができる人が勘が良い人と言え、勘が良い人ほど人生を成功させることができるもので、それは運だけではなく事前に感じる力や察知することが大切なのかもしれません。

来年は古い物、伝統がある物が運気を上げると出ているので、自分でできる範囲で「伝統芸能を見に行く」「老舗料理屋さんに行く」「城跡を見に行く」などをすると自分を高め運気を上げることができる一年になるそうで、それを頭の片隅に置いて生活することが大切ですね!
また、女性にけぎってですがもし自分は男っぽいと思う人は、実際なかなか恋愛に発展せず30過ぎまで結婚しないことが多いのですが、習い事を始めるとモテるそうです!習い事ができない人はジムや行きつけのお店に頻繁に行くなど「定期的に頻繁に行く場所」を作ることがとっても重要で、そこでたくさんの出会いがあり恋愛が発展するので家にばかり引きこもっていないで、外に出て行くことが大切なんです!
とっても気になる人間関係・・人と上手く付き合っていけない人って多いですよね?学校や職場、ご近所やママ友・・誰だって「この人と合わない・・」ということってありますよね?そんな人付き合いで悩んで人はまずは人に興味を持つことが大切で、その人のことを知りたいと思うと相手も自分に好意を持ってくれるのです
確かに・・「○○さんって何が好きなの?」と聞かれると嫌な気はしませんよね?「あれ、この人私に興味があるのかな・・」と思い、相手もこの人のことを知りたいと思ってくれますよね?それでも合わない人は絶対にいて、その場合は諦めて適度な距離を保って付き合うのが正解。

このように占いは運勢が分かるだけではなくて、人生で大切なことを教えてくれるもので「確かにそうだよね〜」という背中を押してくれる言葉がたくさんあります。
その占いで時には最悪な運勢と言われることがありますが、これは誰にでも時期的に起こる事があるもので、そこで何を学ぶか何を得るかがとても大切なので、それほど気にすることがないのです!「今年は最悪の運勢です!」と言われたら何もやる気になれませんよね?でも、そこで本当に自分にとって大切な物を学び成長することが重要なんですね。
確かに運が悪くて怪我をしたり、病気をしたり悪いことが起きたり・・でも、これは必ず原因があっての結果なので、それを気を付ければいいだけです。
そうですよね〜全ての悪いことは運ではなく自分がやったことが原因になっているので、それを気を付けると全く怖いことはないので「自分の健康や行いを見直す時期」と考えるようにすると運気もどんどん上がるようです。

占いは良いことばかりではなく悪いことにも耳を傾け、自分のことだけではなく周囲の人にも気を使うことで自分に返ってくるものなんですね!ホント奥深いので、もっと詳しく知りたいと思います。

霊感があるふりをするのは絶対にNGなワケ

「霊感があるふりをするおんは絶対にNGなワケ」

仲間の中に1人は必ずいる霊感があるふりをする人!特に女に子に多いと思いまえんか?私の高校時代の友人のなかにもいたんです・・今思い出すだけでもぞっとするような話を平気でするんですよね?
私も最初はみんなと同じように信じていたんです・・でも、ある時から「この子、本当は霊なんか見えていないのかも・・」と思うようになったんです。
周りの友人たちもみんな私と同じような疑いを落ち始めたようで、彼女がなにか言うたびにあえて騙されたふりをして怖がって見せたり、「それでそれで?どうすればいいの?」「いつから何がきっかけで例が見えるの?」と答えがすぐに出ないでであろう質問を投げかけるようになったのです。
今までは、その子が霊が見えると言い出しただけでみんな恐怖のあまり固まってしまい、何も聞けずにただ彼女に頼って霊を追い払ってもらうしか方法がなかったんです・・彼女がいてくれるから私たちは無事に帰ってこれた、彼女がいないと私たちは危険な目に合うかもしれない・・と思い込むようになり、一種の催眠状態だったのかもしれません。
そうなると私たちにとって彼女はなくてはならない存在になり、何をするにもどこに行くにもまずは彼女の都合を聞き好みや行きたい場所、やりたいことに合わせるようになっていたんです。
でも、それを嫌だとか面倒だとは一度も思ったことがなく、むしろ彼女がいてくれてありがたいしいなけければならない存在になっていたのです・・周りから見たら変化もしれませんが、当時の私たちはまだ素直で疑うことを知らなかったため、言われるがままにすべてを信じていたのかもしれません。
しかし、ある時、私たちのグループに転校生A子が入ることになり、みんなで出かけることになったのですが、その時もいつものように霊感がある友人中心に物事を決めていると、A子が不思議そうにしているのです!確かにそうですよね?今までの私たちのことを知らないのですから・・
そんな感じで遊びにいたのですが・・また友人が霊が見えると言い出しました!今思うと、A子にも自分には霊感があることを教えたかったのだろうと思うのですが、突然A子が「あなたは嘘を言っている!」と言い帰ってしまったのです・・私たちは今まで一度も疑ったことがなかったのですが、その時、催眠術が解かれたように我に返ったのです!「もしかしたら、この子には元々霊感などなかったのかも・・」それ以来、私たちは彼女のことを疑うようになったのですが、今まで嘘をついてきた手前、突然「本当は霊感などない」なんて言えなかったのか、今まで通り何かあるたびに霊が見えると言い続けていました。

卒業近くになってからあれ以来グループを抜けていたA子が私たちの元に戻ってきてくれ「霊感がないのにあるふりをすることは、霊が一番怒る事!何か悪いことが起こるのが怖くて、しばらく距離を置いていた」と言うのです!霊が見えると言っていた友人の近くにいることで守られていたと勘違いしていた私たちですが、実はとても危険なところにいたと言うことなんです!
騙されてチヤホヤしてきた私たちにも非はありますが、人の恐怖心を利用して仲間に入ろうとした彼女のことは今でも許すことができず、付き合いはそこで終わってしまいました。
あんなことがなかったら、今でもみんなで仲良く遊んだり旅行をしたりできたと思うと、なんだかむなしい気持ちになりますが、一番気になるのが霊感があると嘘をついた友人に何が起こったかです・・突然私たちの前から姿を消してどこで何をしているのか誰も知らないのです・・

子供のころから霊感があると嘘をつく子は必ずいますが、それで人の気を引くのはとても危険で、霊が一番怒り取りつく可能性があるので、冗談や嘘でも絶対にやめましょう!もし、自分に霊がとりついてしまったらどうすることも出来ませんし、何か良くないことが起こるかもしれないのです!霊感がある人は本当にいますが、それが決して幸せなことでも人気者になれる特技でもなく、むしろ本人にとってはすごく大きな悩みで嫌なことかもしれませんね。
電話占い無料でするならここ!

江原啓之が語る占いとの上手な付き合い方

世の中にはたくさんの占いがあり、試合の勝負を占いを使って予想したり自分がこれから決断すべきことを自分の考えではなく占いによって決めてしまうほどどっぷりはまっている人も意外と多いようです。
そこまでいかなくても、朝の星座占いや年末になれば発売される来年の運勢本などは自分に少しでも関わりがあると分かっていたら、誰だって気になり足を止め見てしまいますよね?そこで運勢が最高に良いときは一日中テンションが上がり、新しいことにチャレンジしてみたり宝くじを買ったりしますが、逆に最悪の運勢ならば一日中嫌な気持ちになり、何も起こらないようにじっとしていなくてはならないと思ってしまいますよね?
このように占いは気分を左右させる効果があるので、時にはとても残酷なこともあります。
例えば・・心機一転新しいことを始めようと準備している人が、占いでは来年は最悪の運勢だから行動を起こすのはやめた方が良いと言われたら・・せっかく頑張ろうと思っていた気持ちが一気にしぼんでしまいますよね?「やめておこう・・」と思う人もいるかもしれません。
また、結婚が決まっている人が占いで恋愛運が最悪の年と言われたらどうしますか?もしかしたら結婚することで自分に不幸が訪れるのではないかと思い、結婚事態を白紙に戻して相手のことを「この人で良いのか・・」と思ってしまうかもしれませんよね?もし
占いをしていなかったら幸せになっていたかもしれないのに、そこで諦めてしまったがために今も一人・・なんてことにもなりかねません。

江原啓之さん曰く占いはバイオリズムだそうです・・このバイオリズムと言う言葉、良く耳にしますが本当の意味を知らない人が多いのではないでしょうか?実は私も・・
バイオリズムとは本来、鼓動や呼吸といった一定の速度で行われるものなのですが、ここで使われる意味としては一定周期の変動や年、月、日、季節などの周期を刺しているようです・・うーん奥深い。

江原さんは良い運気も悪い運気もないと言います!全てはバイオリスで、それを理解すると良いことも悪いことも自分のなかにある物だとわかるそうです。
確かに、自分に全く関係のないことが起こる事はなく、すべての原因やきっかけは自分の身の回りや自分の中になるんですよね〜もし悪いことが起こったときは自分に何か教えてくれていると理解し、良いことがあったら自分の良さを発揮できる時と理解すればいいのです。
ですから占いで悪い運勢だと言われたからと言って、何もしないのは大きな間違いで慎重に行動することと、もし何か良くないことが起きたらそれは自分の至らなさが引き起こしたこと思えば何も怖いことはありません!もし、どうしても引きずってしまうのであれば、最初から占いを見ない事、聞かない事が大切で引きずられることが一番良くないのです!やっぱり江原さんの話には説得力がありますよね〜何も起こる前に恐れているなんて馬鹿げたことですよね?

誰でも失敗したくないし人生が上手くいけば良いと思っていますが、時には望まないことだって起こりますよね?でも、それを運勢や他人にせいにしていては自分が成長しないのかもしれません。
気持ちの持ち方一つで、占いを恐れていたことが馬鹿馬鹿しく思えてきませんか?確かに、気になるなら見なければ良い!それによって考えや行動が制限されるなら、こんなに無意味なことはありませんよね!
運勢が悪いから新しく始めるはずの仕事を辞めたらどうなりますか?養うべき家族が路頭に迷うことになってしまい、自分だけではなく周りの人も不幸になってしまうのです・・大袈裟かもしれませんが、占いによって行動が制限されやる気になっていたことを諦めるなら、何もできないしおびえながら生きていくしか方法がありません。
占いは時には支えになることもありますが、良いことも悪いことも全ては自分のなかにあると言うことを忘れてはいけないのかもしれません。